>  > 風俗嬢の上目遣いやばすぎ

風俗嬢の上目遣いやばすぎ

入室をしてから丁寧に挨拶をして、それから世間話をしてからお互いにリラックスすることができるように緊張をほぐします。じっくりと緊張をほぐしつつ少しずつ風俗嬢の身体にタッチしていきます。嬢の身体を優しく撫でると、嬢はかなり気持ちよさそうにしていました。少しずつリラックスしてきたようなので風俗嬢を抱きかかえてお風呂に連れていきます。お風呂に連れて行って服を少しずつ丁寧に脱がせていきます。服を脱がせると嬢はすっごく恥ずかしそうにしていたのですが、この恥ずかしがり方が妙に私の気持ちをそそります。恥ずかしがりながらうつむいて、それでも私の目を見るために上目遣いをするというこの瞬間の視線が本当に大好きなんです。こんなにエッチな身体と可愛い上目遣いをされてしまうと私なんてもうすぐに浮足立ってしまいます。お風呂からさっさと上がってベッドでいきなりの正常位素股です。すごく気持ちよさそうにしているのを見ると私はもう興奮してどうにかなってしまいそうでしたよ。

Lカップ爆乳の熟女な風俗嬢の包容力に

爆乳の風俗嬢、これまで相手してもらったことがあるのは最高でもHカップの人だったのですが、この前はそれを超えるLカップだという人に相手をしてもらいました。年齢的には熟女な風俗嬢なんですが、その年齢のせいもあって、色気が高いのはもちろんのこと、包容力さえも感じさせる人でした。もちろん、見た目と違わず性格は穏やかで優しい人でした。そういう人を風俗プレイの相手にするのならば、いっそのこと甘えちゃったほうがいいもんです。なので、その時もその熟女さんに甘え、その爆乳に埋もれるカタチで抜いてもらいました。サイズは110いくつだと言っていたLカップの爆乳ですが、さすがにブラを取れば支えるものがなくなり重力にも逆らえない様子でした。それを触らせてもらい、上下にそして左右にゆすってみたりするんですが、もうボリュームがありすぎて、夢中にならずにいられませんでした。揉みながらも手が埋まっていく、そんな夢のようなシチュエーションを実際に楽しめただけも大満足でした。さらにはパイズリで谷間に埋められてしまえば当然ガマンできるわけもなく、谷間の中にあっという間に精を漏らすことになってしまいました。そのまま連続で3度イカされてしまい、残り時間も少なくなったので、その日はそれで終わりました。次回あれば他のプレイも楽しんでみたいところです。

[ 2015-09-02 ]

カテゴリ: 風俗体験談